ファクタリングのメリットやデメリット

subpage01

ファクタリングとは企業が保有している売上債権を譲渡することによって、現金を調達できる金融取引のことです。
資金が急に必要になった時や銀行などの金融機関から融資を断られた時など、早ければ即日にも現金を調達する事が出来るので、うまく利用すれば大きな助けとなることでしょう。

ファクタリング会社のランキング情報を探すならこちらです。

ファクタリングを利用するメリットはたくさんあります。


売掛金が現金化できる期日を待つ必要がなく資金を手にする事が出来たり、売掛先が倒産した場合でもリスクはファクタリング会社が負うことになるので、不良債権化する恐れがありません。


借金ではないので利子を支払う必要はないし、来店不要で審査を行う会社も存在しお手軽に資金調達できます。

売掛先の業績や近況を調査することになるので、銀行融資の様に担保や保証人は必要ありません。



もちろんデメリットもあり、手数料がそれなりに高く必要である事や、売掛金の範囲内でなければ資金を調達できないことなどです。



また、2社間で行うものと3社間で行うものがあり、3社間なら取引先企業の承諾が必要となってきます。

相手先に知られたくないなら2社間ファクタリングを選ばなければならないのですが、手数料が高くなってしまう事は覚悟しなければなりません。ファクタリング業者の選択には注意が必要です。手数料がいくらなのか書面ではっきりと分からない場合や、手数料以外の司法書士への報酬金額などが相場よりも高くなっていることあるので、しっかりと確認しましょう。