ファクタリングにおける2つのサービス形態を比較する

subpage01

企業等の経営安定化に資するサービスとして普及が進んでいるのが、ファクタリングです。
日々の商取引の中で発生する売掛金を活用したり保全したりするこのサービスは、金融機関による融資とは違った形の経営サポートビジネスとして注目を集めています。

サービスの形態は大きく分けて2種類あるので、利用する際はそれぞれの特徴を比較検討したうえで自社に合ったものを選ぶようにします。

ファクタリング

ファクタリングと言った場合、一般的にイメージされるのが買取型サービスです。これは、利用しようとする事業者が取引先等に対して保有している売掛債権を売却し、その代価としてキャッシュを得るというものです。


売掛金は、通常であれば取引先等からの入金がない限りは未収金のままですが、このサービスを利用すれば、一定の手数料を支払うことで代金の支払い前に資金調達が可能となります。

売掛債権担保融資という融資制度に性格が似ていますが、両者を比較した場合、買取型ファクタリングは融資ではないため元本の返済も金利の負担も必要ないという違いがあります。



もう1つのサービス形態は、保証型と呼ばれるものです。



これは一種の保険制度のようなもので、買取型と比較した場合、資金調達を目的としないという点が大きく異なります。具体的にはファクタリング会社に売掛債権の信用度を調査してもらい、その結果に基づいて設定された限度額の範囲内で支払い保証を受けるというものです。もっぱら貸し倒れリスクを避けるために利用されます。