他の現金調達方法とファクタリングの比較

subpage01

現金が必要となった時にはいくつかの方法があります。

ファクタリングの比較ができるサイトです。

事業の開始などで資金が必要な場合は、銀行からの融資が一般的です。事業計画書を用意して、融資可能と判断されれば大きな資金を手に入れることが可能です。設備投資などの高額な費用が必要な時には有効な手段です。ただし、現金が手に入るまでファクタリングと比較するとかなり長い時間がかかる手段です。余裕がない時には使うことができません。


だかあら、少額な現金であれば、他の方法を選んだ方が安心です。


その他にも無担保事業者ローンから借り入れることも考えられます。この場合も早ければ即日融資されることもありますが、その分金利も高く、返済が終わるまでに時間がかかる恐れもあります。
また、ファクタリングと比較すると、金利が高く設定されています。
返済は定期的に行う必要があり、その間金利がかかったままになります。

返済が長引けば、それだけ金利を取られることになります。ファクタリングは他の方法と比較して、短時間で確実に現金化が可能なところがメリットです。



無担保事業者ローンと変わらない期間かもしれませんが、その後の処理や支払いを考えると自社で行った方がデメリットが少なくてすみます。
そして金利が低いことも特徴の一つです。


必ず現金として回収できる債権であれば、担保として申し分ないと言えます。
支払いなどで困っている時には、即日現金が手に入るファクタリングを検討してみると良いでしょう。