ファクタリングで早めの資金調達を

subpage01

ファクタリングとは、売掛金の債権を、所定の手数料を専門の業者に支払い、譲渡して現金化することです。

金融機関に売掛金を担保として融資を受けることとは違います。

即日のファクタリングについて調べるなら、こちらをご覧ください。

融資ではないので、信用情報機関に記載されることもありません。

譲渡取引となりますので、受取手形を裏書して相手先に渡すのと仕組みが似ています。


ただし、裏書した場合は、振出人が不渡りを出した場合に、弁償する必要があります。



ファクタリングは債務の保証は必要ありませんので、得意先の企業が売掛金を支払えない場合に弁償する責任はありません。


そのようなリスクもなく、現金を確実に入手できますので安心して取引できます。


自分の会社の現金が不足しそうな時、売掛金の支払いの繰り延べを打診された時にも、つなぎの資金を得るのに使えます。
業者では、ファクタリングを申し込む際に、売掛金を支払う得意先が信頼が置けるか審査をした上で、債権の譲渡を認めるかどうか決定されます。
自社と業者の間だけで行われる取引の場合は、迅速に現金を振り込んでもらえます。

しかし、売掛金の内容によっては、登記を求められたり、得意先に譲渡の許可を求める場合があります。

この場合は手続きに時間がかかるため、資金調達が遅れてしまうこともありますし、得意先に知られたくないと考える企業にはためらわれることもあるでしょう。


中には、自社と業者のみの取引に特化しているファクタリング業者もありますので、そちらを選ぶと安心して取引が行えます。



そのかわり手数料や諸費用が多少高めになる場合がありますので、よく確認をするようにしてください。